楽しい夏が終わったらきちんと水着を収納しよう|来年使うコツ

着やすさ重視で選ぶ

選び方のポイント

レディ

デザインやカラーで好みのものを選んでしまいがちな水着ですが、堅実な方が増えている事もあり、見た目だけでなく着心地も重視して選ぶ傾向にあります。
水着を選ぶ際のポイントとしては、フィット感、特にバストのフィット感を重視する方が多いようです。
水着のブラのフィット感が悪いと、ずれやすかったり屈んだ時にバストが見えてしまうケースがあります。
フィット感が悪い水着は着用しにくいと感じるだけでなく、ずれてしまわないか心配になり、思いっきり海やプールを楽しめません。
また、カップに隙間が出来るような水着も、着用して不快感を感じやすいので避けた方が良いでしょう。
フィット感の良い水着を選ぶには、実際に試着をしてみてサイズを確かめてみる方法が確実です。
ブラ部分だけでなく水着のパンツ部分も、着用した際の着心地をチェックする必要があります。
屈んだ時にお尻が見えてしまいそうなくらい、浅いパンツは避けたいという女性が多いようです。
意外と試着をせずに買ってしまう方が多い水着ですが、着心地やシルエットがキレイに見えるかどうかも確認する為に、試着してから選ぶという事をおすすめします。
最近は着替えやすさも選ぶ時の基準にしている方が多く、脱ぎ着のしやすい「バンドゥタイプ」が人気を集めています。
生地がしっかりしている水着も、着用していて安心感がある・長く着用できるというメリットがあります。
水着を選ぶ際は、このようなチェックポイントを確認して、お気に入りの1着を見つけ出してみましょう。

世代や目的ごとに選択可能

リゾート

男性に比べて女性のファッションは多岐に渡り、水着も例外ではありません。
定番とも言えるビキニタイプを始め、様々な水着が存在しています。
中でも、近年は羽織るタイプの水着が人気で、例えばビキニに加えて肩から羽織る水着が増えてきました。
こういったタイプは1万円以内で販売されている事がほとんどで、ビキニタイプと合わせても2万円以内で購入出来ます。
ビキニタイプのアクセントやバリエーションとして活用する女性が増えており、気温が低い時に羽織る使い方も有効です。
日焼け防止効果や、ボディラインを綺麗に見せる効果もあるため、年齢を問わず愛用者が増えています。
また、近年はショートパンツにラッシュガードを着るスタイルも人気が高まっています。
こちらもビキニの上に着る事が前提で、30代以上の愛用者が多い傾向にあります。
特に子供を持つママさん世代に愛用者が多く、子供を連れてプールに訪れる際などのスタイルに選ばれています。
ショートパンツとラッシュガードは、合わせて1万5千円から2万円程度で揃える事が可能で、流行り廃りのないデザインが多いため、一度購入すれば数年間は違和感なく着用出来る点が魅力です。
この他、フリル付きの水着も根強い人気を保っています。
ビキニタイプやワンピースタイプなどタイプを問わず存在し、価格はそれぞれのタイプの平均価格に加えて2割から3割増し程度です。
女性らしさを演出出来たり、着痩せ効果が期待出来るなどのメリットが人気の理由となっています。

どんな種類があるのか

女の人

海やプールに行くときに必要な水着。
しかし、女性用水着の種類やデザインは豊富で、いざ購入しようとする時に悩まれる方は多いのではないでしょうか。
女性用水着の主な種類には、ワンピースやセパレート、ビキニといったものがあります。
他にも、タンキニやマイクロ・ミニ、モノキニなども挙げられます。
ワンピースは、上下がつながっているので肌の露出は多くありません。
ですから、肌を見せたくないという女性に向いているデザインです。
しかし、スタイルは目立ってしまうので、体型が気になる方は控えたほうがよいかもしれません。
セパレートは、上下に分かれているデザインの水着です。
ビキニの前身と言われていて、ビキニよりもバストの位置が高くなっています。
ビキニは、現在販売されている水着の種類の中で、最も多いデザインの水着です。
露出が高めのデザインですが、スタイルを良くみせてくれます。
また、ビキニの中には、ホルターやバンドゥ、フリンジといった様々な種類があります。
マイクロ・ミニは、とても露出が多い水着です。
体を隠す部分が最小限になっているので、主にグラビアアイドルなどが着用するような種類の水着です。
このように、水着にはたくさんの種類がありますが、水着を購入する際には、バストのサイズが合っているかを確認することが大切です。
特にワンピースは水に濡れると小さくなるので、それも考慮して選ぶのが得策となります。
現在水着を販売している店舗では、試着室を設けているところも多いため、一度試着してみるのもよいでしょう。

着やすさ重視で選ぶ

レディ

水着を選ぶ際、やはりフィット感は必ずチェックしたいポイントです。特にブラ部分のフィット感は、試着をして確認しておきましょう。最近は脱ぎ着がしやすいデザインの水着も人気なので、このようなポイントで選んでみるのも良いかもしれません。

もっと読む

アンダーショーツの必要性

婦人

水着を着用する際は、アンダーの透け感に注意する必要があります。ベースのカラーが薄い水着の場合、アンダーショーツを履いて透けないように工夫しましょう。アンダーショーツは透け感防止だけでなく、衛生面の観点からも着用がおすすめです。

もっと読む

購入するときのポイント

海

水着を初めて購入する人が特に注意しなくてはいけないのはサイズです。体の上に直接つけるものであるため、サイズによって着心地や運動性が大きく変わってきます。ワンピースタイプとセパレートタイプを選ぶときにも、それぞれポイントがあります。

もっと読む